オススメリンク

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年12月
     
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

骨肉腫とは

総合病院

骨肉腫とは、人間の骨にがん細胞が発生してしまうことで発生する病気です。
基本的には発生件数の少ない珍しいがんです。このがんは発病してしまった方の75%以上の方が20歳未満の少年から青年であることから若い方の方が多い非常に珍しいがんです。
発生する部位は基本的には膝や各関節などに発生することが多いです。
成長期に骨肉腫が発病してしまうことが多く、初期症状などが判断しづらく、がんの発見が遅れてしまいがちになってしまいます。
発病の確率は女性よりも男性の方が多く男女で比較すると3:2くらいの割合となっています。
他のがんよりも発生件数は少ないが、成長期に発病してしまうために成長痛などと勘違いされて放置してしまうことが多くなってしまいます。
また、成長期の細胞が活発に活動する時期での発病することが多いためがんの進行速度がとても速いためできるかぎりの早期発見が望まれます。
基本的に症状は患部の腫れと痛みを伴なう発熱です。
筋肉痛や成長痛などの症状によく似ているので症状が現れたら念のために病院に行って検査を行ないましょう。
骨肉腫の初期症状は基本的に自覚症状が現れないので、家族の方も注意深く見てあげましょう。

骨肉腫はひと昔前までは治る病気という認識がありませんでした。
基本的に骨肉腫になってしまったら、発生から1年か2年そこらで患者さんが亡くなってしまう病気でした。
しかし、最近では化学療法などやNK細胞療法といった現代の医学が骨肉腫の完治を可能にしています。中でも初期のがんであればNK細胞療法などを使用すれば副作用などもなく治療が可能です。
NK細胞療法のような細胞を利用した、治療方法も数多くの方法があるので安心して治療を行なうことができます。
がんの診断を出すためには、かなり多くの検査を行なわなくてはいけません。触診や血液検査などだけでなく、身体の内部を見るために画像検査なども必要になってきます。
骨肉腫は転移する可能性が非常に高いので、転移するまでに治療をしなければかなり厄介なことになってしまいます。